東京日本橋。実績多数。無料相談は刑事弁護士.JP

刑事弁護士.JP

03-3270-9060 面談は土日夜間対応可 ※要予約

ご相談はこちらから

mainimage
mainimage_sp

新着情報

大切な人を少しでも早く解放するために。

lawyer

事件後、いち早く弁護士に依頼することで、逮捕の阻止、身柄拘束(勾留)の阻止、裁判所に訴えを起こされること(起訴)を阻止することができるかもしれません。

弁護士が今後の不安をサポートします。

pic

一般の方にとって刑事事件は身近でない分、不安が大きいものです。刑事事件を知っている弁護士に依頼、相談することで、今後の不安を取り除くことが出来ます。

事件別の事例

当事務所の実績

  • 強制わいせつ未遂否認事件で不起訴を獲得
  • 自動車運転過失致死被告事件で執行猶予付判決を獲得
  • 強姦否認事件で不起訴を獲得
  • 痴漢否認事件で不起訴を獲得
  • クレジットカード詐欺の共犯事件で執行猶予付判決を獲得(他の共犯者は全員実刑)
  • 東京地検特捜部の捜査に係る脱税事件
  • 自動車運転過失傷害否認事件を控訴審から受任して、執行猶予付判決を獲得(一審実刑)
  • 強姦否認事件を控訴審から受任して、執行猶予付判決を獲得(一審実刑)
  • 詐欺否認事件を控訴審から受任して、減軽判決を獲得
  • その他、裁判員裁判、少年事件、医療観察事件など多数

弁護士のご紹介

iwakami2
弁護士
岩上 公一
神奈川県出身
東京弁護士会
メッセージ
一般の方が、刑事事件の当事者となることは、民事事件以上にありません。そのため、いざ当事者になったときに、本人が独力で警察官や検察官を相手に対応することは大変困難です。 また、逮捕勾留されてしまったら独力での対処はますます不可能になってしまうでしょう。 これまでの刑事弁護の経験から的確迅速なサポートをいたします。
furuichi5
弁護士
古市 暁
千葉県出身
東京弁護士会
メッセージ
刑事事件は、逮捕されてから弁護士選任までのスピードが終局処分に大きく影響します。 厳しい取り調べの中で、正常な判断が出来なくなっていることが多く事実とは異なる供述調書に署名をさせられていることが少なくないからです。 そこで、私たち、刑事事件に詳しい弁護士が、そのような事態が生じないよう迅速に対応いたします。

ご相談

初回の電話・メール相談、および初回面談はすべて無料ですのでお気軽にご相談ください。
面談は土日(夜間)の対応も可能です。※要予約

03-3270-9060
面談は土日夜間対応可 ※要予約

アクセス

◆JR神田駅南口:徒歩5分
◆JR総武快速線 新日本橋駅2番出口:徒歩3分
◆銀座線 三越前駅A8出口:徒歩5分
◆半蔵門線 三越前駅B1出口:徒歩3分
◆丸ノ内線 大手町駅A5出口:徒歩7分

無料相談:03-3270-9060
面談は土日夜間対応可 ※要予約